口臭の原因と対策

本当に口臭はある?|セルフチェックしてみよう

口臭が気になったりしますか?
そんなときって、ニオイのあるもの食べ過ぎたかなとかカラダのどこかが不調なのかなって思ったりもしますよね。心配な時は、人に聞いて教えてもらえれば簡単ですが、なかなか本音を言ってくれる人もいないかもしれません。
そんなときは、セルフチェックをしてみましょう。
例えば、コップに息を吐いて、ニオイが逃げないように手で抑え、そっとニオイを嗅いでみるとか手の甲を舐め、乾いてから甲の臭いを嗅いでみるというのはどうでしょうか。唾液を乾燥させると口臭に近いニオイがすると言われてるんですよ。またマスクをすると、自分の口臭度合がわかったりもしますよね。

唾液腺の刺激の仕方

唾液は、口臭予防の働きをしてくるんです。 さらに殺菌作用もあります。子供の頃、親にケガしたことを言うと「つば付けとけば治る」なんて言われた方もいるんじゃないでしょうか。 なので唾液は大事なんです。唾液を増やす方法は、いくつかあります。 まずは、水をたくさん飲むこと。一日約1.5リットルが理想です。 そのほか、舌先で舌の付け根あたりを刺激してみたり、食べ物をよーく噛むのもいいですね。 また酸味のあるものを食べるとか・・・イメージするだけでも唾液がでてきますよね。 そのほかに昆布を噛むのもいいそうですよ。昆布のアルギン酸が唾液の分泌量を増やすんだとか。 おやつに食べるのもいいかもしれませんね。

歯周病や虫歯の怖さ

歯周病や虫歯を放っておくと大変なことになるんですよ。 歯周病は、歯周病菌によって血栓ができやすくなって狭心症や心筋梗塞になりかねません。 女の人だと早産や低体重児出産にも関係してきます。 また虫歯になると、よく噛めなくなることから食べ物からの栄養をうまく摂れなくなったり、顔の歪みや歯並びも悪くなったりするんですよ。 今は若年患者も増えているようなので子供のころから気を付けていきたいものですね。

舌が真っ白?これ何?

舌が白くなったりしてませんか?これは、舌苔(ぜったい)と言われるものです。 文字の通り、舌の苔(こけ)みたいなものです。 何らかの影響で舌の細胞の角質が多くでき、そこに細菌などが溜まって白く見えるというわけなんです。 これが口臭の原因になったりするんです。
気になってるという方は、舌ブラシで改善できるので試してみてくださいね。

↑ PAGE TOP