加齢臭やミドル臭など加齢の臭い対策

加齢臭が起きる原因

加齢臭は、ノネナールという酸化物質が原因と言われています。 ノネナールってあまり聞かないものですが、脂肪酸と過酸化脂質が結びついて生じるものなんです。 ある程度の年齢になるとカラダの中の酸化に対する抑制力が低下し、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増えてしまうんです。 これがノネナールの増加につながり、加齢臭となって表れるということです。

何歳ころから加齢臭がニオイだすの?

よく40歳を過ぎると加齢臭がでてくると言われています。 でも肉中心やファーストフードなど食生活が欧米化してる今は、30代からの方も増えてきてるとか。 早い人だと20代で加齢臭がでてくるそうです。 もしかしたら今は、加齢臭=オヤジ臭いというわけでもなさそうですね。

加齢臭ってどんなニオイ?

加齢臭は、皮脂が酸化したニオイで加齢臭特有のニオイです。 古い油や古本、チーズ、ろうそくなどに例えられたりもしています。 顔や頭部、胸、背中など皮脂腺の多い部分から発生しているのです。

加齢臭を抑える方法は?

加齢臭をさらに強くしてしまうものがあります。 それは、タバコやお酒、自分の体臭、口臭、頭臭などです。 まずタバコを吸ってる方は、吸う本数を減らしていきましょう。
お酒も控えたほうが良いのですが、赤ワインならOKです。 赤ワインには、抗酸化物質のポリフェノールが含まれているからなんです。
カラダが酸化すると加齢臭や老化の原因となる活性酸素が増えるんですが、この活性酸素をやっつけてくれるのが抗酸化物質なんですよ。 そのほかに食生活で気を付けることは、お肉を控えて緑黄色野菜や海藻を多めに摂ることを心がけてみましょう。


あとは、耳のウラや襟足、首の後ろ、肩、背中などしっかり、ゆっくり、ていねいに洗いましょう。 また石油系のボディシャンプーより、固形の石鹸のほうがオススメです。 石鹸は、洗浄力も高いので皮脂などもきちんと洗い流してくれるはずです。

生活面では、カラダの老廃物をだすということで運動をして汗をかくことも大事です。 程よく汗をかくのは、ストレス発散にもなるので一石二鳥ですよね。 ストレスも体臭などに影響しますからね。
さらに目にすることも多いと思いますが、防臭・消臭シャツなどをインナーに使ってみるのもいいですよ。

↑ PAGE TOP